雑誌『広告』

いいものをつくる、とは何か? https://kohkoku.jp

80 「おてんとさまが見てるよ」

「おてんとさまが見てるよ」 そんな母の台詞が脳裏に浮かべば、わるいことはよそう、と踏みとどまれるものだった。 誰かのお菓子をこっそり食べるとか、親の財布から少し…

300

79 サーキュラーエコノミーの理想論の先にあるもの

サーキュラーエコノミーへの注目われわれがよく知る流通は、生産されたものを1カ所に集め、効率よくエンドユーザーに分配していく一方通行の仕組みだ。しかし、昨今の持続…

300

78 アップルの流通戦略 〜 どん底から世界一、そしてその先へ

「流通改革」で、どん底から脱したアップル「アップルは特殊すぎる会社で参考にならない」──世界でもっとも成功した会社、アップル。そのビジネスに学ぼうという記事は多…

300

77 「ことば」と流通 〜 劇作家・小説家 本谷有希子 インタビュー

いま世の中でいちばんつくられているプロダクトは、「ことば」かもしれない。人々が「消費者」から「生活者」となり、「生産者」の側面が大きくなっている。その生産される…

300

76 「よい本」が生まれる環境を、出版流通から考える

書籍商(商業用語) 書籍商というものは、その業界において、これを営む者がこれに必要とされる知性と知識を有する場合、敬意を表される。この職業は、優れて高尚にして卓…

300

75 流通の変化は、漫画をどう変えるか

貸本から雑誌へ──日本の漫画流通のおこり映画や音楽などと同様に、漫画もまた、時代の変化とともに新しい流通の形が生まれ、それはときに作品の中身にも影響をおよぼして…

300