80 「おてんとさまが見てるよ」
見出し画像

80 「おてんとさまが見てるよ」

「おてんとさまが見てるよ」

そんな母の台詞が脳裏に浮かべば、わるいことはよそう、と踏みとどまれるものだった。

誰かのお菓子をこっそり食べるとか、親の財布から少しねこばばするとか、道端にゴミをすてるとか。そうした類の悪事には極力手を染めない、そんな子どもだった気がする。目の前に誰もいなくたって、おてんとさまが見ているんだから。

しかしここ最近、おてんとさまの守備範囲がずいぶんと手広くなり、ついには日陰の果てまで行き渡ってしまったように感じている。ゴミはゴミ箱へ、だけじゃヨシとされない世の中になってきているんだもの。


下水にまで配慮してこそ、真のファッショニスタ

数年前、地球や社会が抱える問題の深刻さに気づいた私は、あまりにもショックを受けた。これまで「わるいことはよそう」と生きてきたにもかかわらず、自分は無知なだけで、どうやらかなり、搾取に加担していたらしい。ショッキングな現実にひとしきり落ち込み、しばらく停滞したのち、「理想的な消費者」になろうと志した。

何かを買いたくなったときはひと呼吸置き、まずは手持ちの品で、うまいことやりくりする。壊れたものは直せばいいし、ないものはつくればいいし、誰かのおさがりを受け継ぐのもいい。そのうえでどうしても必要であれば、できるだけよい消費を心がける。

「よい消費」の内訳は、生産背景や流通過程や素材や環境負荷、そして経営者の思想や従業員のワークライフバランスに至るまで多岐に渡ってくるのだけれど、それらをいちいち調べるのは正直、めんどくさい。サクラではなさそうなレビューを総当りし、従業員の声を探し、不安なことがあれば企業に問合せ……そうしてスマホにかじりついているうちに夜が更けてしまう。ただ、あれもこれもと調べていくなかで、これは素晴らしいぞ! と惚れ惚れするような一品もあったりする。そうした「よい消費」たりうるものをツイッターやインスタグラムで紹介したりするのが、ここ数年の日課にもなっていた。

たとえばハロウィンなんかでキラキラのメイクをするのに、多くの若者はラメを使う。けれども通常のラメだとシャワーを浴びればそのまま排水口に、そしてあまりにも粒が小さいので途中で回収されず海まで辿り着き、マイクロプラスチックとして漂ってしまうことから、最近はユーカリの葉でできたラメを提供するブランド「ビオグリッツ(BioGlitz)」なども登場している。顔面デコるなら、そっちのほうがずっといい。いつの時代も「見えないところまでお洒落」するのが真のファッショニスタだと言われていたけれど、昨今のファッショニスタたるもの、下水の果てまで考える責務があるのだ。

目の前に並ぶ商品のきらびやかな魅力だけではなく、裏側までしっかり知ってから購入すること。買い物は投票だということ。透明性の高い、真摯な企業を支持すること。それは、これからを生きる消費者があたりまえに認識していくべき、地球に生きる者としての責任でもある。慣れきった生活様式を変えていくのはめんどくさいが、必要なことなのだ。

……と、そんな理想を掲げつつも、実情を白状させていただくと、いまは猫背になってこの原稿を書きながら、冷凍食品をレンチンして食べる朝の5時。原稿の締め切り前になると、料理する暇もなく、デリバリーや冷凍食品についつい依存してしまい、もちろん目の前にはゴミが増えていく。「ゼロウェイスト」といって、徹底的にゴミを出さない活動をしている模範的な生活者も多いなかで、私はときに劣等生だ。しかもよいことばかりSNSに書いて、やましいことは書かずにだんまり。二枚舌を使い分けてのうのうと暮らす私を、おてんとさまは見ているのだろうか?

チキンの生前に思いを馳せて

数年前からニューヨークで暮らしているのだが、よく活用しているアメリカの大型スーパーマーケット「ホールフーズ」では、鶏もも肉を買うにもえらく悩まされてしまう。

一見、同じ部位、同じポンド数、まったく同じチキンに見えていても、「理想的な環境でのびのびと育った鶏肉」と「そこそこの環境で育てられた鶏肉」などのいくつかが、価格違いでずらりと並べられているのだ。ホールフーズは鶏肉の生前に関して細かく6段階の環境に分類していて、パッケージには「Step1」から「Step5+」までのいずれかの数字を記載している。

それは味云々というよりも、アニマル・ウェルフェア、つまり動物福祉の観点からつけられているランクである。消費者が知らず知らずのうちに「人間の都合で窮屈な思いをして暮らしていた鶏」を選んでしまわないように、グローバル・アニマル・パートナーシップという団体が定めた基準に則り、提携牧場の隅々まで目を光らせているらしい。ちなみに「放牧でのびのび過ごし、去勢などを受けず、そして一生をとおして同じ牧場で生きた家畜たち」というのが最上級評価のStep5+である(それでも、最後は食べるんだけど)。

理想的な消費者であれば、迷わずStep5+を選び取るところかもしれないが、いかんせんのびのび手塩にかけて育てられた鶏たちは、値段も高い。「最近は家計も厳しいし、今夜の唐揚げはStep1にさせていただこうかしら……」と、少し安い鶏のほうに手が伸びる。とはいえ、ホールフーズのアニマルライツ意識はなかなか高いので、Step1の鶏たちであれ、ケージのなかで詰め込み飼育をされていることはないらしい。

ただ、環境問題として考えれば、できるだけ多くの人が菜食主義を選択したほうが地球環境への負荷は低いとも言われている。しかし三度の飯よりも焼き鳥、唐揚げ、よだれ鶏が好きな私は、まだそこに踏み込む勇気を持つことができない。飛び抜けて環境負荷が高いという牛肉だけはなるべく避けているのだが、それでもときたま食べるジューシーなハンバーガーは、やっぱり旨い。あぁ、肉汁たっぷりハンバーガーにがっつく姿も、おてんとさまは見ているのだろうか?

この続きをみるには

この続き: 6,324文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
1記事あたり300円なので10記事以上ご覧になる方はマガジンを購入するとお得です。また、紙の雑誌もAmazonおよび全国の書店で引き続き販売しています。

2021年2月16日に発行された雑誌『広告』流通特集号(Vol.415)。そのすべての記事を4月16日より順次公開していきます。各記事とも…

または、記事単体で購入する

80 「おてんとさまが見てるよ」

雑誌『広告』

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
雑誌『広告』

最後までお読みいただきありがとうございます。Twitterにて最新情報つぶやいてます。雑誌『広告』@kohkoku_jp

吉 「風に順いて呼ぶ」
いいものをつくる、とは何か? https://kohkoku.jp