雑誌『広告』

いいものをつくる、とは何か? https://kohkoku.jp

43  創造性を高める契約書 〜 写真家ゴッティンガムが示す共同著作のビジョン

クリエイターにとって契約書とは、どのような存在だろうか。本来は、発注側(=クライアント)と受注側(=クリエイター)の間で権利の帰属や責任の所在を明確にし、双方の…

200

江戸時代から続くエンターテイメントブックストア「八文字屋」

編集部員の全国書店開拓ノート29 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 八文…

42  類型のなかに、いかに自分の型を見出すか 〜 落語家 春風亭一之輔 インタビュー

コピーライターという仕事をしていると、いかに自分の日本語が不自由であるかを思い知ることがしょっちゅうある。ちゃんと言い当てているか、新鮮さがあるか、過去の名作コ…

200

41  文壇のヒエラルキーと「パクリ」の境界線 〜 小説家 島田雅彦 インタビュー

長年、書店で働いていると、本が好きな人によく出会う。同僚、お客様、友人問わず、気がつけば、読書家ばかりに囲まれていると感じる。大抵は私と同じように「どんな本でも…

200

本を独り占めできる「今時書店」

編集部員の全国書店開拓ノート28 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 今時…

40  引用なき名作は存在しない 〜 映画における「昇華行為」と「オマージュ」

映像演出の仕事に携わっていると、撮影前の打ち合わせなどでクライアントから「リファレンスの動画があれば見たいです」と言われることが頻繁にある。それとは別に、自らほ…

200