雑誌『広告』

博報堂が発行する雑誌。「いいものをつくる、とは何か?」を思索する“視点のカタログ”として2019年にリニューアル創刊。クリエイティブディレクター/プロダクトデザイナーの小野直紀が編集長を務める。最新号の特集は「虚実」。

雑誌『広告』

博報堂が発行する雑誌。「いいものをつくる、とは何か?」を思索する“視点のカタログ”として2019年にリニューアル創刊。クリエイティブディレクター/プロダクトデザイナーの小野直紀が編集長を務める。最新号の特集は「虚実」。

マガジン

  • 編集部員の全国書店開拓ノート

    『広告』の編集部員が全国の書店に足を運んで販路開拓を行なった記録を、順次公開していきます。

  • 『広告』虚実特集号 全記事公開

    2022年3月1日に発行された雑誌『広告』虚実特集号(Vol.416)の全記事を公開しています。

  • 『広告』流通特集号 全記事公開

    2021年2月16日に発行された雑誌『広告』流通特集号(Vol.415)の全記事を公開しています。

  • 『広告』虚実特集号トークイベント

    『広告』虚実特集号に関わりの深いゲストをお招きして開催するトークイベントについての情報をお知らせします。

  • 『広告』リニューアル創刊号 全文無料公開

    2019年7月24日に発行された雑誌『広告』リニューアル創刊号(Vol.413 特集:価値)の全記事を無料で公開しています。

記事一覧

62 中国ライブコマースの体験的考察

「ライブコマース」という言葉を聞いたことはあるだろうか。2019年から中国で急速に広まり、日本でも広告やマーケティング業界を中心に、注目が集まっている新語だ。簡単に…

300

世界観を共有するコミュニティコマースの可能性

ビジネスデザイナー 江原理恵 × Takramディレクター 佐々木康裕 × わざわざ代表 平田はる香 『広告』流通特集号イベントレポート 2月16日に発売された雑誌『広告』流通…

61 アフターデジタルとD2C 〜 これからの流通が向かう先

オフラインとオンラインの融合によって、大きく様変わりした「流通」の姿。中国ではアリババなどのプラットフォーマーが隆盛し、アメリカではD2Cブランドが勃興している。…

300

ECプラットフォーマーの社会的責任

IT批評家 尾原和啓 × 情報法制研究者 加藤尚徳 × デジタルシフトウェーブ 代表 鈴木康弘 『広告』流通特集号イベントレポート 2月16日に発売された雑誌『広告』流通特集…

60 アマゾンがなくなる日

またもプラットフォーマーとしての圧倒的強さを見せつけられた。世界最大のネット通販(EC)事業者であるアマゾンは2020年10月15日、先般開催した会員向けのビッグセール「…

300

59 段ボールから考える、梱包のクリエイティビティ

コロナ禍のまっただなかにある現在、これまでよりも接する機会が増えたのが段ボールではないだろうか。ネットで購入した商品に始まり、会えない距離にある親しい人に送り、…

300
62
中国ライブコマースの体験的考察

62 中国ライブコマースの体験的考察

「ライブコマース」という言葉を聞いたことはあるだろうか。2019年から中国で急速に広まり、日本でも広告やマーケティング業界を中心に、注目が集まっている新語だ。簡単に言えば「スマホを使った生中継の実演販売」のことだ。日本ではまだまだ馴染みが薄いが、テレビショッピングの進化形態と考えるとわかりやすい。

たとえばの話、ジャパネットたかた創業者の髙田明氏がテレビ画面のなかで高機能コードレス掃除機の素晴ら

もっとみる
世界観を共有するコミュニティコマースの可能性

世界観を共有するコミュニティコマースの可能性

ビジネスデザイナー 江原理恵 × Takramディレクター 佐々木康裕 × わざわざ代表 平田はる香
『広告』流通特集号イベントレポート

2月16日に発売された雑誌『広告』流通特集号にかかわりの深い方々をお招きし、オンラインでのトークイベントを開催しました。今回のゲストは、流通特集号で全体の編集アドバイザーも務めていただいたTakramの佐々木康裕さん。同じく本誌でお話をうかがった、パンと日用品

もっとみる
61
アフターデジタルとD2C 〜 これからの流通が向かう先

61 アフターデジタルとD2C 〜 これからの流通が向かう先

オフラインとオンラインの融合によって、大きく様変わりした「流通」の姿。中国ではアリババなどのプラットフォーマーが隆盛し、アメリカではD2Cブランドが勃興している。いま商品と顧客の接点で何が起こっているのか。そしてその先に何があるのか。いまやデジタル化先進国となった中国の実情を紹介・分析した『アフターデジタル オフラインのない時代に生き残る』、『アフターデジタル2 UXと自由』(ともに日経BP)の著

もっとみる
ECプラットフォーマーの社会的責任

ECプラットフォーマーの社会的責任

IT批評家 尾原和啓 × 情報法制研究者 加藤尚徳 × デジタルシフトウェーブ 代表 鈴木康弘
『広告』流通特集号イベントレポート

2月16日に発売された雑誌『広告』流通特集号にかかわりの深い方々をお招きし、オンラインでのトークイベントを開催しました。今回は、3月5日にSHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS(SPBS)の主催で行なわれたイベントレポートをお届けします。コ

もっとみる
60
アマゾンがなくなる日

60 アマゾンがなくなる日

またもプラットフォーマーとしての圧倒的強さを見せつけられた。世界最大のネット通販(EC)事業者であるアマゾンは2020年10月15日、先般開催した会員向けのビッグセール「プライムデー」で、サイトに出品する事業者の大半を占める中小事業者の売上高が過去最高に達し、販売個数にして約800万に達したことを発表した。

「プライムデー」は2015年から年に一度、アマゾンが自社有料会員プログラム「プライム」の

もっとみる
59
段ボールから考える、梱包のクリエイティビティ

59 段ボールから考える、梱包のクリエイティビティ

コロナ禍のまっただなかにある現在、これまでよりも接する機会が増えたのが段ボールではないだろうか。ネットで購入した商品に始まり、会えない距離にある親しい人に送り、送られる品物まで、安全かつ確実な配送には欠かせない梱包材だ。

今日あまりにも身近な存在だが、そもそもどこで生まれ、なぜ「段ボール」という名前がついたのだろう?

段ボールと段ボール箱の定義国内における段ボールの定義は、日本産業規格(JIS

もっとみる