雑誌『広告』

博報堂が発行する雑誌。「いいものをつくる、とは何か?」を思索する“視点のカタログ”… もっとみる

雑誌『広告』

博報堂が発行する雑誌。「いいものをつくる、とは何か?」を思索する“視点のカタログ”として2019年にリニューアル創刊。クリエイティブディレクター/プロダクトデザイナーの小野直紀が編集長を務める。最新号の特集は「文化」。

マガジン

  • 『広告』文化特集号 全記事公開

    2023年3月31日に発行された雑誌『広告』文化特集号(Vol.417)の全記事を公開しています。 (2023年8月24日追記)「124 ジャニーズは、いかに大衆文化たりうるのか」は、対談者・矢野氏の意向によりnoteでの全文公開を見送ることとなりました。ご了承ください。

  • 『広告』文化特集号トークイベント

    『広告』文化特集号に関わりの深いゲストをお招きして開催するトークイベントについての情報をお知らせします。

  • 編集部員の全国書店開拓ノート

    『広告』の編集部員が全国の書店に足を運んで販路開拓を行なった記録を、順次公開していきます。

  • 『広告』虚実特集号 全記事公開

    2022年3月1日に発行された雑誌『広告』虚実特集号(Vol.416)の全記事を公開しています。

  • 『広告』流通特集号 全記事公開

    2021年2月16日に発行された雑誌『広告』流通特集号(Vol.415)の全記事を公開しています。

記事一覧

1冊ごとに色味が異なる「赤」〜『広告』文化特集号の装丁に込めた思いと制作の裏側

3月31日に発売した『広告』最新号。みなさんご覧いただけましたでしょうか? 雑誌としては小ぶりの文庫本サイズで辞典のような厚みがあるという、ちょっと変わった形状の…

雑誌『広告』
4か月前
118

【『広告』文化特集号・発売記念】 「文化」を思索する5つのトークイベントを開催!

こんにちは、『広告』編集部です。 3月31日に『広告』文化特集号が発売して3週間ちょっと。ありがたいことに、書店から「完売したので追加発注したい」「『広告』を取り扱…

雑誌『広告』
4か月前
91

『広告』文化特集号での広報室長判断による一部表現の削除について

『広告』編集長の小野です。 以下の矢野利裕氏のnote(3月31日公開)およびJ-CASTニュースの記事(4月3日公開)の内容について、編集責任を持つ『広告』編集長として経緯…

雑誌『広告』
5か月前
1,192
1冊ごとに色味が異なる「赤」〜『広告』文化特集号の装丁に込めた思いと制作の裏側

1冊ごとに色味が異なる「赤」〜『広告』文化特集号の装丁に込めた思いと制作の裏側

3月31日に発売した『広告』最新号。みなさんご覧いただけましたでしょうか?

雑誌としては小ぶりの文庫本サイズで辞典のような厚みがあるという、ちょっと変わった形状のため、「まるで鈍器」「レンガみたい」などとおもしろがっていただいている様子を目にします。

今回の装丁のいちばんの特徴は、1冊ごとに色味が異なる「赤」の表紙。血液のように濃かったり、ピンクがかっていたり、朱色っぽかったり。様々な「赤」を

もっとみる
【『広告』文化特集号・発売記念】 「文化」を思索する5つのトークイベントを開催!

【『広告』文化特集号・発売記念】 「文化」を思索する5つのトークイベントを開催!

こんにちは、『広告』編集部です。

3月31日に『広告』文化特集号が発売して3週間ちょっと。ありがたいことに、書店から「完売したので追加発注したい」「『広告』を取り扱いたい」など、追加や新規の発注を続々いただいています。本日時点で追加発注をいただいた書店は55軒、取り扱い書店は発売時から6軒増えて223軒。Amazonでも、本日で25日連続でAmazonランキング「アート・デザイン」カテゴリーで1

もっとみる
『広告』文化特集号での広報室長判断による一部表現の削除について

『広告』文化特集号での広報室長判断による一部表現の削除について

『広告』編集長の小野です。

以下の矢野利裕氏のnote(3月31日公開)およびJ-CASTニュースの記事(4月3日公開)の内容について、編集責任を持つ『広告』編集長として経緯の報告と見解を書きたいと思います。

まず、上記のnoteおよび記事に書かれているとおり、3月31日に発刊された『広告』文化特集号に掲載された記事「ジャニーズは、いかに大衆文化たりうるのか」において、矢野氏の発言の一部が博報

もっとみる