雑誌『広告』

博報堂が発行する雑誌。「いいものをつくる、とは何か?」を思索する“視点のカタログ”とし…

雑誌『広告』

博報堂が発行する雑誌。「いいものをつくる、とは何か?」を思索する“視点のカタログ”として2019年にリニューアル創刊。クリエイティブディレクター/プロダクトデザイナーの小野直紀が編集長を務める。最新号の特集は「文化」。

マガジン

  • 『広告』文化特集号 全記事公開

    2023年3月31日に発行された雑誌『広告』文化特集号(Vol.417)の全記事を公開しています。 (2023年8月24日追記)「124 ジャニーズは、いかに大衆文化たりうるのか」は、対談者・矢野氏の意向によりnoteでの全文公開を見送ることとなりました。ご了承ください。

  • 『広告』文化特集号トークイベント

    『広告』文化特集号に関わりの深いゲストをお招きして開催するトークイベントについての情報をお知らせします。

  • 編集部員の全国書店開拓ノート

    『広告』の編集部員が全国の書店に足を運んで販路開拓を行なった記録を、順次公開していきます。

  • 『広告』虚実特集号 全記事公開

    2022年3月1日に発行された雑誌『広告』虚実特集号(Vol.416)の全記事を公開しています。

  • 『広告』流通特集号 全記事公開

    2021年2月16日に発行された雑誌『広告』流通特集号(Vol.415)の全記事を公開しています。

記事一覧

『広告』最新号(特集:文化)、本日発売。「赤から想起するもの世界100カ国調査」の結果を公開します。

こんにちは、『広告』編集長の小野です。 年度末の本日3月31日、『広告』最新号が発売となりました。 編集長を卒業するので、僕にとっては、最新号であり最終号でもあり…

242

文化

「文化」に向き合うことは、「ものをつくること」を肯定すること──。 5年ほど前、本誌の編集長をやらないかと打診があり、なんでも好きにやっていいと言われて引き受け…

210

3月31日、『広告』最新号が発売になります!今回の特集は「文化」

こんにちは、『広告』編集部です。 いきなり内輪の話で恐縮ですが、いま編集部は引越し作業で大忙し。あと数週間で編集部ごと別のフロアに移動しなければならないのです。…

126
『広告』最新号(特集:文化)、本日発売。「赤から想起するもの世界100カ国調査」の結果を公開します。

『広告』最新号(特集:文化)、本日発売。「赤から想起するもの世界100カ国調査」の結果を公開します。

こんにちは、『広告』編集長の小野です。

年度末の本日3月31日、『広告』最新号が発売となりました。

編集長を卒業するので、僕にとっては、最新号であり最終号でもあります。制作しているなかで、大学時代の卒業制作(建築)を思い出しました。まさか社会人になって卒業制作をするとは……。

ということで、今号は、僕が編集長をやることになってから約5年間の集大成の号になります。

特集は「文化」。全35記事

もっとみる
文化

文化

「文化」に向き合うことは、「ものをつくること」を肯定すること──。

5年ほど前、本誌の編集長をやらないかと打診があり、なんでも好きにやっていいと言われて引き受けました。小さい頃からものをつくるのが好きで、これからもものをつくり続けたいと思っていた僕は、本誌の全体テーマを「いいものをつくる、とは何か?」にすることにしました。

ものをつくるときは、いつも「いいものをつくろう」と、つくることに没頭し

もっとみる
3月31日、『広告』最新号が発売になります!今回の特集は「文化」

3月31日、『広告』最新号が発売になります!今回の特集は「文化」

こんにちは、『広告』編集部です。

いきなり内輪の話で恐縮ですが、いま編集部は引越し作業で大忙し。あと数週間で編集部ごと別のフロアに移動しなければならないのです。

本や資料、バックナンバー、大量の付箋や検証物、その他よくわからないものたち。仕分けして、梱包してと考えるだけでちょっとめまいがしてきます。

コロナ禍以降、打ち合わせや取材はほぼオンラインになり、在宅ワークも定着したので、ものはそこま

もっとみる