雑誌『広告』

博報堂が発行する雑誌。「いいものをつくる、とは何か?」を思索する“視点のカタログ”として2019年にリニューアル創刊。クリエイティブディレクター/プロダクトデザイナーの小野直紀が編集長を務める。最新号の特集は「虚実」。

雑誌『広告』

博報堂が発行する雑誌。「いいものをつくる、とは何か?」を思索する“視点のカタログ”として2019年にリニューアル創刊。クリエイティブディレクター/プロダクトデザイナーの小野直紀が編集長を務める。最新号の特集は「虚実」。

マガジン

  • 『広告』虚実特集号 全記事公開

    2022年3月1日に発行された雑誌『広告』虚実特集号(Vol.416)の全記事を公開しています。

  • 『広告』流通特集号 全記事公開

    2021年2月16日に発行された雑誌『広告』流通特集号(Vol.415)の全記事を公開しています。

  • 編集部員の全国書店開拓ノート

    『広告』の編集部員が全国の書店に足を運んで販路開拓を行なった記録を、順次公開していきます。

  • 『広告』虚実特集号トークイベント

    『広告』虚実特集号に関わりの深いゲストをお招きして開催するトークイベントについての情報をお知らせします。

  • 『広告』リニューアル創刊号 全文無料公開

    2019年7月24日に発行された雑誌『広告』リニューアル創刊号(Vol.413 特集:価値)の全記事を無料で公開しています。

記事一覧

価格は1円(税込)。雑誌『広告』リニューアル創刊号が本日発売!

こんにちは。雑誌『広告』編集長の小野です。 本日、雑誌『広告』のリニューアル創刊号が発売になりました。 リニューアルにあたって、全体テーマを「いいものをつくる、…

アートディレクター 上西祐理 × 編集者 河尻亨一 × 『広告』編集長 小野直紀〜広告、雑誌、デザインのこれから

『広告』リニューアル創刊記念イベント 第4弾のお知らせ 7月24日に発売される雑誌『広告』のリニューアル創刊号。 今回のリニューアルにあたり、内容はもちろん、全体のテ…

映画監督 塚本晋也 × 『広告』編集長 小野直紀〜「価値あるもの」を生み出し続けるために

『広告』リニューアル創刊記念イベント 第3弾のお知らせ 「いいものをつくるとは、何か?」 これは、雑誌『広告』のリニューアルにあたり設定した全体のテーマです。プロ…

文化人類学者 松村圭一郎 × 『広告』編集長 小野直紀〜文化人類学は「ものの価値」を再構築できるか

『広告』リニューアル創刊記念イベント 第2弾のお知らせ 『広告』リニューアル創刊号の特集は、「価値」。そう決めたとき、最初にぶつかった壁が「そもそも価値って何だっ…

『暮しの手帖』編集長 澤田康彦 × 『広告』編集長 小野直紀〜生活をとりまく「価値あるもの」へのまなざし

『広告』リニューアル創刊記念イベント 第1弾のお知らせ 花森安治さんという方をご存じでしょうか? ていねいで美しい暮らしを70年以上提案し続けている雑誌、『暮しの手…

いいものをつくる、とは何か?

「広告はもうやりません。ものづくりをやります」と博報堂の役員に宣言したのが5年前。まさか“広告”を冠した雑誌をつくることになるとは思いもしませんでした。 『広告…

価格は1円(税込)。雑誌『広告』リニューアル創刊号が本日発売!

価格は1円(税込)。雑誌『広告』リニューアル創刊号が本日発売!

こんにちは。雑誌『広告』編集長の小野です。

本日、雑誌『広告』のリニューアル創刊号が発売になりました。

リニューアルにあたって、全体テーマを「いいものをつくる、とは何か?」としました。そして、常識にも変化にも疑いの目を向けて、この問いを思索するための「視点のカタログ」として、雑誌『広告』は生まれ変わりました。

リニューアル創刊号の特集は「価値」です。ひとりのつくり手として、「ものの価値」につ

もっとみる
アートディレクター 上西祐理 × 編集者 河尻亨一 × 『広告』編集長 小野直紀〜広告、雑誌、デザインのこれから

アートディレクター 上西祐理 × 編集者 河尻亨一 × 『広告』編集長 小野直紀〜広告、雑誌、デザインのこれから

『広告』リニューアル創刊記念イベント 第4弾のお知らせ
7月24日に発売される雑誌『広告』のリニューアル創刊号。

今回のリニューアルにあたり、内容はもちろん、全体のテーマやかかわるメンバー、装丁まですべてが一新されました。
ゼロからつくりあげるということは、編集長にとって魅力的であった一方、検討すべき点も山ほどありました。

70年以上の歴史をもつ雑誌ではあるけれど、いまの時代、紙媒体という形が

もっとみる
映画監督 塚本晋也 × 『広告』編集長 小野直紀〜「価値あるもの」を生み出し続けるために

映画監督 塚本晋也 × 『広告』編集長 小野直紀〜「価値あるもの」を生み出し続けるために

『広告』リニューアル創刊記念イベント 第3弾のお知らせ

「いいものをつくるとは、何か?」

これは、雑誌『広告』のリニューアルにあたり設定した全体のテーマです。プロダクト開発に特化した博報堂のクリエイティブチーム「monom(モノム)」の代表を務め、自らも“つくり手”としてものづくりに取り組む小野編集長にとって原点回帰とも言えるこのテーマ。

なぜこの問いが生まれたのか?

そのキーパーソンのひ

もっとみる
文化人類学者 松村圭一郎 × 『広告』編集長 小野直紀〜文化人類学は「ものの価値」を再構築できるか

文化人類学者 松村圭一郎 × 『広告』編集長 小野直紀〜文化人類学は「ものの価値」を再構築できるか

『広告』リニューアル創刊記念イベント 第2弾のお知らせ

『広告』リニューアル創刊号の特集は、「価値」。そう決めたとき、最初にぶつかった壁が「そもそも価値って何だっけ?」という根本的な疑問でした。人はどうやって価値を感じるのか。その「そもそも」を明らかにしたいけれど、どうすればいいのだろうか。この壮大なテーマに突破口を与えてくれる人はいないか……と悶々としていたときに出会ったのが、文化人類学者の松

もっとみる
『暮しの手帖』編集長 澤田康彦 × 『広告』編集長 小野直紀〜生活をとりまく「価値あるもの」へのまなざし

『暮しの手帖』編集長 澤田康彦 × 『広告』編集長 小野直紀〜生活をとりまく「価値あるもの」へのまなざし

『広告』リニューアル創刊記念イベント 第1弾のお知らせ

花森安治さんという方をご存じでしょうか?
ていねいで美しい暮らしを70年以上提案し続けている雑誌、『暮しの手帖』の初代編集長です。
雑誌『広告』のリニューアル創刊号では、花森さんが1952年に書いた「ものの価値」にまつわるエッセイを取り上げています。そして、そのエッセイに重ねるかたちで、『暮しの手帖』の現編集長である澤田康彦さんに寄稿いただ

もっとみる
いいものをつくる、とは何か?

いいものをつくる、とは何か?

「広告はもうやりません。ものづくりをやります」と博報堂の役員に宣言したのが5年前。まさか“広告”を冠した雑誌をつくることになるとは思いもしませんでした。

『広告』は、変な雑誌です。編集長が2〜3年に一度変わって、その度にテーマも体制も、判型も価格も、全部変わります。“広告”という誌名なのに、広告について扱うことは稀です。だから、僕も広告を扱わず「ものづくり」を扱うことにしました。

僕は博報堂で

もっとみる