マガジンのカバー画像

編集部員の全国書店開拓ノート

44
『広告』の編集部員が全国の書店に足を運んで販路開拓を行なった記録を、順次公開していきます。
運営しているクリエイター

#雑誌

ヤギと暮らす旅好き店主が見せる本の世界「OLD FACTORY BOOKS」

編集部員の全国書店開拓ノート43 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 OLD FACTORY BOOKS @和歌山県海南市この書店を知ったのは、和歌山で陶芸作家をしている友人のインスタグラムに登場していたのがきっかけでした。和歌山県で『広告』を取り扱っていただける書店を探していたので、さっそく友人に紹介してもらい店主の助野さんに連絡を。お店を訪問し、直接流通特集号のご案内ができることに

スキ
37

本を愛する人の聖地「恵文社一乗寺店」

編集部員の全国書店開拓ノート42 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 恵文社一乗寺店 @京都府恵文社一乗寺店は、リニューアル創刊号で初めてトークイベントを行なった、編集部にとって思い出の書店です。この一乗寺というエリアは、京都市の北東部にある左京区にあります。ちなみに地図上では右側にあるのに左京区なのは、平安時代に“君主は北を背に、南に向かって君臨し政務を司る”としていた名残で、左右が

スキ
34

山の上で店主の偏愛本と出会う「問tou」

編集部員の全国書店開拓ノート41 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 問tou @長野県「株式会社NSI」を訪問後、支店長の伊藤さんに長野駅まで車で送っていただいたおかげで、この日のタイムスケジュールがググッと縮まりました。駅ビル内にある「信州蕎麦の草笛」にて伊藤さんおすすめのくるみ蕎麦を食し、満腹になった私が次に目指すのは「問tou」。リニューアル創刊号からお取り扱いいただいているも

スキ
20

“届ける”のプロ集団「株式会社NSI」

編集部員の全国書店開拓ノート40 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 NSI @長野県今回は書店ではなく、流通特集号で取次としてご協力いただいた「株式会社NSI」をご紹介します。新聞や出版物の流通、その他あらゆるものの物流や商品管理をされている会社で、本社は新潟県なのですが、私たちがお世話になっているのは長野県長野市にある長野営業所。 初めてご連絡をしたのは2019年。『広告』著作特

スキ
19

焼き物の街、益子で代々続く「添谷書店」

編集部員の全国書店開拓ノート39 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 添谷書店 @栃木県都内から栃木県芳賀郡益子町までは3時間弱。関東鉄道常総線の下館駅から真岡(もおか)鉄道に乗り換え益子駅へと向かいます。土日であればこの路線はSLが運行してるのですが、この日は平日。昨年大人気だった某アニメを思わせる緑と黒の市松模様の列車に乗車。のどかな風景をガタゴト揺られながら40分。目的地の益子駅

スキ
17

レトロビルで問う、考える「toi books」

編集部員の全国書店開拓ノート38 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 toi books @大阪府大阪市この日訪問したのは大阪市の本町駅からすぐの「toi books」。たくさんの路線が乗り入れている本町駅ではなんども迷子になったことを思い出しながら、最寄りである堺筋線11番出口へ。お店があるのはちょっとレトロなOSKビルの2階です。 ビルの中に入るとおもしろい壁を発見。ここにはカフ

スキ
24

大阪の広告業界を裏で支える「まや書店」

編集部員の全国書店開拓ノート37 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 まや書店 @大阪府大阪市博報堂の関西支社から一番近くにある書店さん、それが「まや書店」さんです。御堂筋線・京阪電車の淀屋橋駅から土佐堀川を眺めながら歩きます。決して美しい川とは言えないけれど、思い出のあるお気に入りの道です。川沿いの大きなビルの地下にお店はあります。 まや書店さんを訪問したのにはこんな経緯が。リニュ

スキ
18

“ぬったり”のゆったり空間で見つける自分だけの一冊「BOOKS f3」

編集部員の全国書店開拓ノート36 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 BOOKS f3 @新潟県新潟市新潟県新潟市の中央より少し東側に「沼垂」(ぬったり)という町があります。かつては市場として賑わっていた場所が5年ほど前から、新しいお店が次々オープンし、現在は「沼垂テラス商店街」として賑わいを見せています。そんな“ぬったり”にある書店「BOOKS f3」(ブックスエフサン)を訪問しまし

スキ
15

スパイス香る古民家で出会う雑貨と本「small works apartment. hen」

編集部員の全国書店開拓ノート35 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 small works apartment. hen @奈良県大和郡山市 奈良県大和郡山市にあるとほんさんをあとにし、店主の砂川さんがおすすめしてくれた「K COFFEE」さんでひと休みすることに。ガソリンスタンドの跡地を利用したレトロなお店の前には、お客さんが談笑しながらコーヒーを楽しんでいます。メニューのなかから

スキ
87

金魚の街へ、本を見つけに「とほん」

編集部員の全国書店開拓ノート34 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 とほん @奈良県大和郡山市 わおん書房さんがある福井県からサンダーバードに乗って関西へとやってきました。この日お伺いしたのは奈良県北部の大和郡山市にある、とほんさん。 最寄りである近鉄郡山駅からお店までは歩いて約7分。昔ながらの街並みが残る柳町商店街を歩いていると、マンホールや暖簾などに金魚のモチーフがちらほら。大

スキ
19

ビルの4階で出会う選りすぐりの本と安心感「H.A.Bookstore」

編集部員の全国書店開拓ノート33 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 H.A.Bookstore @東京都 この日は台東区にあるH.A.Bookstoreさんを訪問するため都営浅草線の蔵前駅で下車。駅から歩いて3分ほどのビルの4階にお店はあります。1階にあるラーメン屋さん(ラーメン好きの友人からおいしいとの情報あり)の横の階段をあがっていくと、なんだか本の気配を感じます。なかに入ると、

スキ
15

本のアーチをくぐると広がる静かな読書空間「わおん書房」

編集部員の全国書店開拓ノート32 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 わおん書房 @福井県福井市 この日は、わおん書房さんを目指して福井県福井市へ。都内からは、まず飛行機で羽田空港から石川県の小松空港へ飛び、そこからバスで福井駅へと向かうのがスムーズです。 福井駅から歩いてすぐにある「新栄商店街」は、戦後の闇市から始まっているらしく、小さめの長屋が密集しています。なかには軍モノ専門店

スキ
22

徳島県民に愛されて280年「平惣」

編集部員の全国書店開拓ノート31 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 平惣  徳島店 @徳島県徳島市 書店と直接取引を行なっている雑誌『広告』では、書店員さんからいただいたアドバイスで販路が広がることが度々あります。今回訪問した徳島県の平惣  徳島店さんもそのひとつ。四国の書店リサーチがなかなかうまくいかず困っていたところ、高知県高松市にある金高堂書店の店長・亥角さんから推薦いただきま

スキ
15

何気ない日常にスペシャルな本とコーヒーを「Day & Books」

編集部員の全国書店開拓ノート30 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 Day & Books @山形県山形市 仙台を拠点に活動されている移動式書店ペンギン文庫の店主・山田さんに、東北地方での販路開拓の相談をしたところ、Day & Booksさんをご紹介いただきました。ここで販売される書籍の選書を山田さんが担当されているとのことで、本の入れ替えで山田さんがDay & Booksを訪れる日

スキ
9