見出し画像

“届ける”のプロ集団「株式会社NSI」

編集部員の全国書店開拓ノート40

販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。

NSI @長野県

今回は書店ではなく、流通特集号で取次としてご協力いただいた「株式会社NSI」をご紹介します。新聞や出版物の流通、その他あらゆるものの物流や商品管理をされている会社で、本社は新潟県なのですが、私たちがお世話になっているのは長野県長野市にある長野営業所。

画像2

初めてご連絡をしたのは2019年。『広告』著作特集号の発売前のことでした。リニューアル創刊号よりも増えた書店さんに間違いなくお届けできるよう、配送をお手伝いしてくださる会社を探していました。書籍や雑誌を配送している様々な会社を当たってみたのですが、取引形態が特殊で、しかもオリジナル版とコピー版の2種類を同じ便で届けて欲しいという条件を受け入れてくれるところはなかなかありませんでした。どうしたらいいものかと悩んでいたとき、編集部のひとりから、この会社はどうかな? と教えてもらったのがNSIです。

さっそくお電話をし、お願いしたいことを話すとほかとは違う反応が! お話ししたのは長野営業所の支店長・伊藤さん。もしかしたら対応できるかもしれないのでもう少し詳細を教えて欲しいとのこと。まだ決定していないこともあったので、それから企画が進むごとに電話でやりとりを重ねました。「よし! やってみましょう」とお返事をいただいたときはどんなに嬉しかったことか。結果、著作特集号では70店舗近い書店への配送をお願いすることになりました。

時は経ち、2020年秋。流通特集号ではいわゆる一般書店で販売されている多くの書籍や雑誌のように、取次を経由した配本を計画していること、製本されてから読者の元に届くまでの経路を表紙に記載することなど企画の概要をお話し、今回もお願いできないかとご相談しました。前号にはなかった書店とのお金のやりとり、各書店ごとに違う表紙を間違いなく届けるオペレーションなど調整するべきことは山積み。申し訳ないくらい何度もお電話で相談し、その度に検討してもらい、著作特集号の何倍も時間をかけてお話を進めていきました。

メールや電話では何度も連絡をとっていたけれど、まだ直接お会いしたことがなかったNSIの伊藤さん。流通特集号についての最終打ち合せを長野ですることになり、日帰りで長野へ出発! 最寄り駅は長野駅からしなの鉄道で10分ほどの今井駅。長野営業所まではそこから徒歩30分ほどなのですが、今回は伊藤さんがお迎えに来てくださることに。この今井駅の東口からすぐの「今井ニュータウン」、実は1998年に開催された長野オリンピックの選手村なんです。現在は集合住宅として子育て世代にも人気だそう。

画像1

営業所に到着すると、出荷などを担当いただく原さんが迎えてくださいました。伊藤さん、原さんといっしょに流通特集号のオペレーションを最終確認。原さんからは「ちょっと複雑だったりするお仕事、燃えるんですよ」と嬉しいお言葉を。最終的に伊藤さんからも「大丈夫、お任せください!」と言っていただき打ち合わせを終えました。その後、実際に作業される建物も見せてもらいました。『広告』の作業日はほかの営業所の方も応援に来てくださるそう。たくさんの人の手を介して運ばれていくんだと改めて実感しました。

画像3

帰り際「編集部のみなさんで召し上がってください」と長野名物くるみのお菓子をいただきました。「本当は野沢菜をお土産にしようと思ったけど、帰り道の電車で、野沢菜の臭いがするって周りに思われたらかわいそうだからね」とお菓子を選んでくださったそう。そんなことまで考えてくださっているなんて……! 実家に帰ったような温かい気持ちになりました。

オペレーションが難しく前例がない取り組みにも、どうやったら実現できるかをいっしょに考えてくださるNSIさん。本当にありがとうございます! これからもよろしくお願いします。

NSI 探訪メモ

「御菓子処 花岡」のくるみ菓子
くるみの生産量は長野県が全国1位。そのなかでも東御市はくるみの里と呼ばれ、ここで採れるシナノクルミは品質でも日本一と言われているそうです。ただあまり流通しておらず、地元でもスーパーなどでは手に入りにくい貴重なもの。伊藤さんが持たせてくださったくるみのお菓子はその東御市に本店を構える「御菓子処 花岡」のもの。編集部員も大絶賛だったくるみクッキー「海野宿」をぜひお試しください。
▶︎ お店のHPはこちら


文:『広告』編集部・大塚

株式会社NSI 
昭和63年、新潟県にて設立した新聞・出版物の管理や発送を担う会社。本社のほかに、東北と北陸に合わせて5つの拠点があり『広告』は長野営業所にお世話になっています。社是は「お互い」「損して徳とれ」「分相応」。NSIさんがいなければ全国の書店に『広告』がお届けできなかったかも……!?
▶︎ 詳しい情報はこちら

他の開拓ノートを見る
> 『広告』最新号、発売。特集は「流通」。 〜 250種類の表紙で、すべての流通経路を可視化。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
雑誌『広告』

最後までお読みいただきありがとうございます。Twitterにて最新情報つぶやいてます。雑誌『広告』@kohkoku_jp

中吉 「陰徳あれば陽報あり」
10
いいものをつくる、とは何か? https://kohkoku.jp