3月26日__広告_最新号発売

3月26日、『広告』最新号を発売します!今回の特集は……

こんにちは、『広告』編集部です。

昨年7月にリニューアル創刊号を発売してから、早いものでもう7カ月余り。その間、多くの方々にご協力をいただきながら制作を進め、本日、ようやく2号目のお知らせができる運びとなりました。

前号の「価値」に続く今回の特集は、「著作」です。

『広告』の全体テーマである「いいものをつくる、とは何か?」を思索する第二弾として、オリジナリティや作家性、著作物の保護や利用のあり方など、「著作」についての様々な視点を投げかけます。

今回の特集では、専門的な知見が不可欠だったため、全体の企画制作にあたって『法のデザイン』(フィルムアート社)などの著書で知られる法律家の水野祐さんに監修をお願いしました。

1年以上前から小野編集長と二人で打ち合わせを重ねて、「著作」にまつわる様々な情報、法的な知識や問題意識の共有など、惜しみない協力をいただきました。

水野 祐(みずの たすく)プロフィール
法律家。弁護士(シティライツ法律事務所)。Creative Commons Japan理事。Arts and Law理事。東京大学大学院・慶應義塾大学SFC非常勤講師、リーガルデザイン・ラボ主宰。グッドデザイン賞審査員。著作に『法のデザイン 創造性とイノベーションは法によって加速する』(フィルムアート社)など。
シティライツ法律事務所:https://citylights.law/

『広告』最新号の発売日は、3月26日の木曜日です。
全国の書店およびAmazon.co.jpで販売します。

発売に先立って、特集である「著作」に対する思いを綴った小野編集長の巻頭メッセージをnoteで公開します。前回のリニューアル創刊号では編集長の原稿が一番最後だったのですが、今回も同様に最後の最後、入稿ギリギリのタイミングにあがってきました。それくらい思いの丈が込もっているのでしょう。

『広告』最新号・巻頭メッセージ

また、販路開拓のために全国の書店を回った編集部員による記録「編集部員の全国書店開拓ノート」を、本日より順次公開していきます。書店のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力をご紹介します。

編集部員の全国書店開拓ノート

来たる3月26日は奇しくも大安です。小野編集長による『広告』リニューアル第2号、ご期待いただけると幸いです。

『広告』編集部

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます。Twitterにて最新情報つぶやいてます。雑誌『広告』@kohkoku_jp

小吉 「縁あれば千里を隔てても会い易し」
37
いいものをつくる、とは何か? https://kohkoku.jp
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。