編集部員の全国書店開拓ノート

43
本のアーチをくぐると広がる静かな読書空間「わおん書房」

本のアーチをくぐると広がる静かな読書空間「わおん書房」

編集部員の全国書店開拓ノート32 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 わおん書房 @福井県福井市 この日は、わおん書房さんを目指して福井県福井市へ。都内からは、まず飛行機で羽田空港から石川県の小松空港へ飛び、そこからバスで福井駅へと向かうのがスムーズです。 福井駅から歩いてすぐにある「新栄商店街」は、戦後の闇市から始まっているらしく、小さめの長屋が密集しています。なかには軍モノ専門店

23
徳島県民に愛されて280年「平惣」

徳島県民に愛されて280年「平惣」

編集部員の全国書店開拓ノート31 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 平惣  徳島店 @徳島県徳島市 書店と直接取引を行なっている雑誌『広告』では、書店員さんからいただいたアドバイスで販路が広がることが度々あります。今回訪問した徳島県の平惣  徳島店さんもそのひとつ。四国の書店リサーチがなかなかうまくいかず困っていたところ、高知県高松市にある金高堂書店の店長・亥角さんから推薦いただきま

14
何気ない日常にスペシャルな本とコーヒーを「Day & Books」

何気ない日常にスペシャルな本とコーヒーを「Day & Books」

編集部員の全国書店開拓ノート30 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 Day & Books @山形県山形市 仙台を拠点に活動されている移動式書店ペンギン文庫の店主・山田さんに、東北地方での販路開拓の相談をしたところ、Day & Booksさんをご紹介いただきました。ここで販売される書籍の選書を山田さんが担当されているとのことで、本の入れ替えで山田さんがDay & Booksを訪れる日

11
江戸時代から続くエンターテイメントブックストア「八文字屋」

江戸時代から続くエンターテイメントブックストア「八文字屋」

編集部員の全国書店開拓ノート29 販路開拓のために編集部員が訪れた全国の書店。直接お会いしてわかった店主のみなさまの本に対する思いやご当地の魅力を綴ります。 八文字屋 @山形県山形市 “いつも新しい発見がある本屋です”がキャッチコピーの八文字屋さんは、山形駅からバスで5分ほどの商店街の一角にあります。 最初に八文字屋さんのことを知ったのは、ある書店員さんのインタビュー記事。山形県出身のその方の、とても思い入れのある書店として紹介されていました。 リニューアル創刊号は山

24